コラム

文:しばたけんじ (鹿児島大学教員/哲学) 三國連太郎がなくなった。私のような若輩者には、三國連太郎といえば、小学生のときに見た、山口百恵主演のテレビドラマ『赤い運命』である。三國連太郎は山口百恵の実父の役である。 しか続きを読む

『ヌーベルバーグの真珠』と謳われた今回の映画。 ジャック・ドゥミの監督デビュー作であるが、オリジナルのネガが焼失し、まぼろしの映画となっていた。 妻であり、映画監督でもあるアニエス・ヴァルダがBBCに保管されたコピーを見続きを読む

文:しばたけんじ (鹿児島大学教員/哲学) 『アメリカン・グラフィティ』(ジョージ・ルーカス 1973)では、短足で近眼のチャーリー=マーティン・スミスが女の子をナンパして成功するシーンがある。私はこのシーンが大好きだっ続きを読む