上映中作品

★2017/03/21  『この世界の片隅に』来場者プレゼント決定!
3/25(土)ご鑑賞者に監督補・浦谷千恵氏が描き下ろしたオリジナルポストカードを配布いたします!(数量限定)
★2017/03/17  イベントに3/25(土) 「映画『この世界の片隅に』軽食をとりながら語る会 Part2」を追加しました!
★2017/03/13  4,5,6月の上映予定作品を追加しました
★2017/03/13  薩摩英国館さまのグッズを販売しております♪
(お取り扱いを『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』上映期間中、3月31日まで延長いたしました!)
★2017/02/25 イベントに3/5(日)12:55『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』 トーク付上映を追加しました!
★2017/02/20  イベントに2/25(土)19時~「『この世界の片隅に』軽食で感想を語る会」を追加しました!
★2017/02/12  イベントに3/7『ミス・シェパードをお手本に』講座&紅茶付上映を追加しました!
★2016/05/07  ガーデンズシネマ本『39席の映画館 いつもみんなで映画(ゆめ)をみて』絶賛発売中!
★2015/10/16【お知らせ】誠に恐れ入りますが、ただ今工事中のためリクエスト掲示板閉じております。
リクエストは随時受け付けておりますので、ご希望の作品がございましたら劇場までお知らせください。
★2015/08/16 【お詫びとお願い】ただ今、HP上の「お問い合わせmail」からのメールを受信できておりません。 すでに送ってくださったみなさま、お返事ができておらず失礼いたしました。 誠に恐れ入りますが、お問い合わせの際はお電話099-222-8746またはメールアドレスinfo@kagocine.netまでお願いいたします。

↓↓ガーデンズシネマ部 書籍公式サイト へリンクします♪


シネマイーラさま(静岡) / シネマ5さま(大分) / Denkikanさま(熊本)
宮崎キネマ館さま(宮崎) / シアター・シエマさま(佐賀) / 小倉昭和館さま(福岡)
京都みなみ会館さま(京都) / 横浜シネマリンさま(神奈川) / キネカ大森さま(東京)
ユーロスペースさま(東京)
  

上映中作品

ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち
 Nicky's Family

3/25(土)~31(金) 【1週間限定】

監督・製作・脚本:マテイ・ミナーチェ

出演:ニコラス・ウィントン、ジョー・シュレシンジャー

2011年/チェコ・スロバキア/1時間41分

■公式サイト  ■上映スケジュール

第二次世界大戦。チェコに迫ろうとしていたナチスの迫害の手から、669人の子供たちの命を救ったニコラス・ウィントン。 彼は、子供たちを公的支援を受けず独力でイギリスへ疎開させたが、そのことが世間に知られたのは、約50年後の1988年。 彼は自分の行った行為を誰にも打ち明けようとしなかった。 50年を経て、ニコラスと、彼に救われた命との再会が実現する―。


ショコラ 君がいて、僕がいる
 Chocolat

3/25(土)~4/4(金)

監督:ロシュディ・ゼム

出演:オマール・シー、ジェームス・ティエレ、クロチルド・エム

2015年/フランス/1時間59分

■公式サイト  ■上映スケジュール

19世紀末のフランス。田舎のサーカス団にいたショコラを、落ち目の道化師フティットがスカウトし、コンビを組む。 白人と黒人という前代未聞の組み合わせの芸人コンビは人気を博し、やがてパリの名門ヌーヴォー・シルクの専属となって脚光を浴びる。 大金を手にし、派手な生活や賭け事にのめり込むショコラだったが、不法滞在の罪で逮捕され拷問を受けることに。 釈放後も根深い人種差別に苦悩するショコラは、ますます酒やアヘン、ギャンブルに溺れ、フティットとの溝が深まっていく…。


皆さま、ごきげんよう
 Chant d'hiver

3/18(土)~31(金)

監督・脚本:オタール・イオセリアーニ

出演:リュフュ、アミラン・アミラナシビリ、マチアス・ユング

2015年/フランス・ジョージア/2時間01分

■公式サイト  ■上映スケジュール

オタール・イオセリアーニ監督。いわずと知れた名匠だが、作品はなかなかにして手ごわい(個人的感想)。 現代のパリ。アパートの管理人にして武器商人の男。骸骨集めが大好きな人類学者。二人は切っても切れない腐れ縁で結ばれた悪友同士。 そんな彼らを取り巻くユニークな住人たちが織りなすちょっと素敵な物語―。 ということなのだが、初オタールの皆様、どうぞびっくりなさいませんよう(笑)。 繋がってそうで全然繋がってないエピソードの数々、巻き込まれ、引きずられ、置いて行かれてもやもやする、この感覚…。 解らん!でもやっぱり、嫌いじゃない。


こころに剣士を
 Miekkailija

3/18(土)~31(金)

監督・脚本:クラウス・ハロ

出演:マルト・アバンディ、ウルスラ・ラタセップ

2015年/フィンランド・エストニア・ドイツ/1時間39分

■公式サイト  ■上映スケジュール

1950年代、ソ連に占領下のエストニア。 人々の希望も薄く困窮した生活の中、ソ連の秘密警察に追われ、田舎町で小学校教師として身を隠す元フェンシング選手エンデル。 子供が苦手だったエンデルだが、学ぶことの喜びに目を輝かせる子供たちの姿に心が変わってゆく。 レニングラードで開かれる全国大会に出たいという子供たちの願いを叶えてやりたいが、素性を隠している彼にとってそれは身の危険を伴う決断だった…。 あー、この子供たちなんでこんなに上手なの。どこにもかけらほども演技臭さがない。 子供たちのひたむきな瞳に魅せられる。


この世界の片隅に

 【来場者プレゼント決定!】3/25(土)ご鑑賞者に監督補・浦谷千恵氏が描き下ろしたオリジナルポストカードを配布いたします!(数量限定)

2/4(土)~4/6(木)

監督・脚本:片渕須直

声の出演:のん、細谷佳正、尾身美詞、稲葉菜月、牛山茂

2016年/日本/2時間06分

■公式サイト  ■上映スケジュール

3人兄弟の真ん中、浦野家の長女として広島で生まれ育った浦野すず。 呉に住む青年・北條周作のもとに嫁ぎ、食糧難や灯火管制、空襲の恐怖など、戦時中の極限状態のなかでも、すずは目一杯楽しそうに振る舞う。 好きな絵を描いたり、道草を摘んだり、節米料理を作ったりなど、つらく苦しいことですら少しでも楽しい経験に変えていくその姿は、 一見ほんわかしたすずの中の芯の強さを感じさせる。 あれよあれよのうちに大層な評判となってしまった話題作。皆さまどうぞお見逃しなく!
【語る会のご案内】
「映画『この世界の片隅に』軽食をとりながら語る会 Part2」ございます!
初めての方も、2回目の方も大歓迎!一緒に語りましょう。
◆日時 3/25(土)19:30~21:30 ◆場所 プロント(マルヤガーデンズ1F)
◆定員 12名 ◆参加費 飲食代各自